進行を抑えるために|とても凶悪なフィラリアをはじめ、色々な病気が起こります

とても凶悪なフィラリアをはじめ、色々な病気が起こります

薬瓶を持っている女性

進行を抑えるために

カプセルが入っているシート

あなたはどこまで犬の病気を理解していますか?
特に今回は一部の犬によく起こる「白内障」についての話をしていきたいと思います。
基本的に白内障といったら人間に起こったりしますが、犬も同じように白内障になるおそれがあります。
もちろん白内障になると目が白く濁っていくので、一目見てもわかるくらいに放っておけば白さが増していきます。
そのまま放置すればまったく見えない状態になってしまうので、白内障かもしれないと思ったらすかさず「シーナック」と呼ばれる点眼薬を使ってあげましょう。

基本的に白内障は手術をしないと根本的なところから治せないといわれていますが、シーナックを使っておけばその進行度を大幅に遅れさせることができるようになります。
いきなり手術となってしまうとたくさんお金が必要になったりするので、まずはシーナックで様子見をするのが一番いいでしょう。

ではここからは白内障に便利なシーナックの使用方法について説明していきたいと思います。
まず使用を開始してから半年間の間は、1日に2回の点眼を忘れずにしてください。
主に朝と夕方に点眼するのが一番いいタイミングです。
そしてシーナックを使い始めてから半年以上経ったあとは、使用回数を2回から1回に落として継続していきましょう。
使用を途中で忘れてしまわないように、スマホなどを使ってアラームを常にかけておくことをおすすめします。

ただし実際にシーナックを使う際は、すでに目の病気を患ってないかどうか確認してください。
なんらかの病気や目に傷がついている場合は、シーナックによって副作用が生じる可能性があります。